« 三月十四日「行家・義経捜索の宣旨関東に到来す」 | トップページ | 4月25日「義経・行家の徒党京中に在りと風聞す」 »

2009年9月 6日 (日)

四月二十日「叡山僧義経に同意すとの風聞」

「吾妻鏡」文治二年(1186)四月二十日丁夘。
「摂政家領の配分につき京都に申さしむ」
 摂政九条兼実の領地について、頼朝様は京都の後白河法皇に申し入れました。その内容は、前摂政近衛基通殿は、父基実の妻白河殿盛子の領地だといって、氏寺の興福寺領と春日大社の領地以外を全部独り占めしてしまったという。これはとても都合の悪いことであります。現在政治を司る摂政が領地が無いのではないですか。平家が盛んな時に、中摂政長男の基実殿の後家だからと白河殿盛子がすっかり手に入れてしまった所なのです。二男の松殿基房はわずかに興福寺領を治めています。その時の分配の判断がとんでもないでたらめな政治ではありませんか。藤原氏代々の領地は、摂政が預かるべきではないのですか。だから摂政を退いた基通殿は、祖父の忠実が娘で鳥羽天皇の皇后だった高陽院(かやいん)に与えた荘園五十余箇所あるという。それを基通が知行すればいいのではないですか。そう云う一番道理にかなう命令を出されるべきではないですか。と云っております。
「叡山僧義経に同意すとの風聞」
 又今日、行家と義經が未だ京都の中に居て、比叡山の僧兵達が味方をしてかくまっていると、話が聞こえているはずだから、特に命令を出してください。そうでなければ、強い武士達を比叡山に登らせて、その僧兵達を探して捕まえるように、朝廷の窓口関東申次ぎの師中納言吉田經房の所へ伝えさせました。この内容を源行部丞為頼〔元は新中納言平知盛の家来で故片桐為長の親類〕が使いとして京都へ旅立ちましたという。

|

« 三月十四日「行家・義経捜索の宣旨関東に到来す」 | トップページ | 4月25日「義経・行家の徒党京中に在りと風聞す」 »