« 5月25日「行家の首到来す」 | トップページ | 6月6日「義経捕縛宣旨」 »

2009年9月15日 (火)

5月28日「行家誅殺叡感ある由の院宣到る」

「吾妻鏡」文治二年(1186)5月28日乙巳。
「行家誅殺叡感ある由の院宣到る」
 後白河法皇からの手紙が届きました。これは、先日の十六日付けの手紙です。行家を葬ったことを喜んでいるとの事だという。行家は殺され、その首は京都の町へ届けられたのは、天下のために良いことをしたと書かれています。左馬頭一条能保が取り扱ったからです。これについて、始めは後白河法皇は不機嫌だったと、一条能保様の手紙に書いてあったので、かなり頼朝様はひどく心配していたのですが、この手紙を見て、ご心配が無くなったという。

|

« 5月25日「行家の首到来す」 | トップページ | 6月6日「義経捕縛宣旨」 »