« 1月17日「頼朝配流の時実を召し進す」 | トップページ | 二月七日「広元、肥後国山本庄を賜はる」 »

2009年8月16日 (日)

1月22日「時実罪状の事」

[玉葉]1月22日 辛丑

「時実罪状の事」
 前源中納言雅頼が書札を送りて曰く、流人時実罪状の事、昨日政始め過ぎた。よつて罪名を考えるべき由下知すでに終えた。件の宣旨仰せ詞かくの如し。
(中略)
「宣旨の仰せ詞」
宣旨の仰せ詞、
 文治2年正月22日  宣旨
  流人の時実は配所に赴かず。逆党の義経や行家党に従い、逃げ去る間、なお網にかかり、再び京都に来た。原則的な掟の指す所の法律は一にあらず。よろしく法律の博士等をして所当の罪名を考え申さしむべし。
  蔵人頭右中弁源兼忠

|

« 1月17日「頼朝配流の時実を召し進す」 | トップページ | 二月七日「広元、肥後国山本庄を賜はる」 »