« 十一月二十五日「行家・義経追捕の宣旨下る」 | トップページ | 11月26日 「頼朝追討宣旨奉行の人々損わるべしという」 »

2009年8月 8日 (土)

十一月二十六日「高階泰經、謀反同意の科により籠居す」

「吾妻鏡」文治元年(1185)十一月二十六日乙巳。
「高階泰經、謀反同意の科により籠居す」
 大藏卿高階泰經様が、蟄居謹慎しました。それは、源九郎義經が望んだ頼朝追討の宣旨を出したのは、泰經様が取り次いだことを、頼朝様が特に怒っていると、後白河法皇の耳に入ったので、法王が蟄居を命令したという。実は、泰經が行家や義經の謀反に味方したと書かれた紙を竹の棒にはさんで、昨日師中納言經房の屋敷に届けた者が居て、經房は驚きながらこれを見て、右少弁定長を通して後白河法皇に見せたからという。

「朝日将軍木曾義仲洛中日記」の本が出来ました。
http://homepage2.nifty.com/yosinaka/

|

« 十一月二十五日「行家・義経追捕の宣旨下る」 | トップページ | 11月26日 「頼朝追討宣旨奉行の人々損わるべしという」 »