« 四月二十七日「行家、以仁王の令旨を頼朝に傳ふ」 | トップページ | 治承四年(1180)十一月七日「志田義広、行家ら来謁す」 »

2009年6月 3日 (水)

9月3日「源行家頼朝に与力す」

[玉葉] 9月3日 壬子
「熊野権別当湛増謀叛」
 伝聞、熊野権の別当湛増が謀叛を起こした。その弟湛覺の城、及び所領の人家数千宇を焼き払う。 鹿瀬以南を併せて侵略した。行明が同意したという。この事は去る月中旬頃の事という。
「源頼朝伊豆・駿河を押領す」
 また伝聞、謀叛の賊が義朝の子(頼朝か)、年来配所伊豆の国に在り。而るに近日凶悪を事とし、去る日、新司の先使を侵略した(時忠卿が知行の国なり)。凡そ伊豆・駿河両国を侵略した。
「源行家頼朝に与力す」
 また為義の子息(行家か)、一二年来、熊野の辺に住んでいた。しかるに去る五月の乱逆のおり、坂東方に到着した。彼の義朝の子に味方し、大略は謀叛を企てるという。あたかも平将門の如しという。

Dsc02407

満願寺(安曇野市穂高牧)義仲が修理し、寄付したという。

|

« 四月二十七日「行家、以仁王の令旨を頼朝に傳ふ」 | トップページ | 治承四年(1180)十一月七日「志田義広、行家ら来謁す」 »