« 閏十月二十三日「志田義広を以て平家を討たしめんと欲す」 | トップページ | 1184年 (壽永三年)一月十九日「志田義広大将軍として宇治田原を防ぐ」 »

2009年3月11日 (水)

閏十月二十四日「義広に備後国を賜い追討使とすべき事を義仲主張す」

[玉葉]閏十月二十四日 天気晴れ、
「義広に備後国を賜い追討使とすべき事を義仲主張す」
 伝聞、義仲は法皇に重ねて申し上げた。義広に任せて平氏を追討すべきの由、申請を許されないのは、未だ納得出来ない。なお強いて義広を使わしたいとした。兼ねて又備後の国をかの義広に与えていただき、その勢力を得て平氏を討つべしという。お言葉があり、全く許さないのではない、件の男は弱体の由をお聞きなされた。よって叶うべからずの由思いなされ、故に指図のお言葉が無いのである。しかしなお宣しかるべき由、協議し申すならば、異儀におよぶべきでもないという。国事又お聞きなされた。但し忽ち役人に任ぜらるべきではないという。
 奈良僧正(信円)が文書を送ってきた。法皇より内密にお呼び出し有り、よって明日、急に上京すべしという。

|

« 閏十月二十三日「志田義広を以て平家を討たしめんと欲す」 | トップページ | 1184年 (壽永三年)一月十九日「志田義広大将軍として宇治田原を防ぐ」 »