« 1192年 (建久3年) 九月十二日「小山朝政、常陸国村田下庄を賜る」 | トップページ | 一条忠頼1180年(治承四年) 9月10日「甲斐源氏ら信濃に攻め入る」  »

2009年3月18日 (水)

1205年 (元久2年) 八月七日「宇都宮頼綱謀叛発覚す」

1205年 (元久2年 乙丑)
「吾妻鏡」八月七日 辛酉 陰
「宇都宮頼綱謀叛発覚す」
 宇都宮の彌三郎頼綱の謀叛が発覚した。すでに一族並びに郎従等を引率し、鎌倉に参ろうとの疑いあり風聞が有り、相州(北条義時)・廣元朝臣・(安達)景盛等が尼御台所(政子)の御屋敷に参り、評議が有りました。事終わり小山左衛門の尉朝政(曳柿の水干袴を着す)を呼び出した。朝政が参上し、相州(北条義時)の御座に対し跪いた。廣元がお言葉を承りて云く、近日諸人の道理に背くこと相続せしめ、東関は騒がしい。その慎みこれ重きの処、頼綱また悪巧みを計画し、将軍家を謀りたてまつろうと欲すという。しかるに朝政の先祖の秀郷朝臣は平将門を追討し勧賞を頂いた。以来下州を護り、その職未だ中絶していない。国内(宇都宮)の権勢におごる者、どうしてこれを鎮めない事があろうか。よって去る寿永二年、志田三郎先生が蜂起をうち平げたとき、都と田舎は感動した。よって賞を行われた日、御下文の趣旨は厳密である。これは武芸のほまれである。しからばまた頼綱の驕りを退けるべしといえば、朝政は申して云く、頼綱は親戚のよしみが有ります。たとえ厳命に応じて、そのむつみを変ずといえども、忽ち追討使をうけたまわることについて親切な心は無いだろうか。はやく他人に命令されるべきでしょう。但し朝政は叛逆に味方せず、防戦に於いては、全力を尽すべきと申して、これを辞退した。

(以上の1184年 (壽永3年)五月十五日、1192年(建久3年) 九月十二日、1205年 (元久2年)八月七日の記述から1181年(治承5年、7月14日改元 養和元年)の志田義広の反乱は1183年 (壽永2年)かもしれない。)

以上で、志田義広史は終了です。4月から一条忠頼史となります。

|

« 1192年 (建久3年) 九月十二日「小山朝政、常陸国村田下庄を賜る」 | トップページ | 一条忠頼1180年(治承四年) 9月10日「甲斐源氏ら信濃に攻め入る」  »