« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月10日 (火)

文治五年(1189年) 八月九日 「義村ら七騎、畠山軍を越え敵陣に向ふ」

7月19日 奥州征伐に出発

「吾妻鏡」文治五年(1189年) 八月九日 丙申
「義村ら七騎、畠山軍を越え敵陣に向ふ」
 夜になり、明朝、阿津賀志(あつかし)山を越え、合戦をおこなうと定められた。ここに三浦平六義村・葛西三郎清重・工藤小次郎行光・同三郎祐光・狩野五郎親光・藤澤次郎清近、河村千鶴丸(年十三歳)の以上七騎は、密かに(先陣とされた)畠山次郎重忠の陣を追い越して、阿津賀志山を越え、先に進もうとした。これは夜が明けて大軍と同時に険しい山を越えるのは難しいためである。その時、重忠の郎従である成清が、この事を察知して、主人に忠告した。「今度の合戦に先陣を任されたことは抜群の名誉です。それなのに傍輩が先駆けを争おうとするのを、座して見過ごせないでしょう。早くその道を塞ぐべきです。そうでなければ、この事を頼朝に訴え申し、勝手な行動を止めさせ、この山を越えるべきです」。重忠は言った、「それは適当ではない。たとえ他人の力で敵を退けたとしても、すでに先陣をまかされた上は、重忠が向かわないうちの合戦は、全て重忠一身の勲功となる。しかも先を進もうとする者を妨げることは、武略の本意ではないし、また我が身独りの抽賞を願うようなものである。ただ知らないふりをしているのがよい」。
 三浦以下の七騎は夜を徹して峰々を越え、ついに木戸口に馳せ至り、各々名乗りを上げたところ、泰衡の郎従部伴籐八をはじめとする強兵が攻戦した。この間に工藤小次郎行光が先駆けを果たしたが、狩野五郎は命を落とした。部伴籐八は奥六郡第一の強力の者である。行光と戦い。両人は馬を並べて組み合った、しばらく生死を争ったが、ついに行光に討たれた。行光は彼の頸を取り鳥付に付け、木戸を目差し登っていたところ、勇士二騎が馬を離れて組み合いになっていた。行光はこれを見て、馬を回してその名前を問いかけた。藤澤次郎清近が敵を討ち取るところであると答えた。そこで加勢し、共に敵を討ち取った後、二人馬を止めて休息したが、清近は行光の合力に感謝する余り、彼の息男を自分の婿とする約束をその場で交わしたという。次に清重並びに千鶴丸らは、数任の敵を討ち取った。
「大友能直の戦功」
 また親能の養子である左近将監大友能直は、この頃特に頼朝の近習として、常に御側にあった。親能はかねて宮六兼仗国平を招き、語って言った、今度、能直は初めて戦場に赴く。汝は助成して戦ってほしい。そこで国平は固くその約束を守り、昨晩密かに頼朝の御寝所の辺りに参ると、宿直していた能直を呼び出し、これを伴って阿津賀志山を越え、戦い、佐藤三郎秀員父子(国衡近親の郎等)を討ち取った。
 この宮六兼仗国平は長井齋藤別当實盛の外甥である。實盛が平家に属して滅亡の後囚人として、始めは上総権介廣常に預けられていた。廣常が殺された後は、さらに親能に預けられていた。そこで勇敢な者との誉れが有るので、親能が事情を話して、能直に付けていたという。

(上総広常史は終了です。3月から志田義広史となります。)

|

2009年2月 9日 (月)

文治五年(1189年) 四月十八日「北条時連元服す」

「吾妻鏡」文治五年(1189年) 四月十八日 庚寅
「北条時連元服す」
 北條時政殿の三男(十五歳、時連のちの時房)が御所で元服した。夕方薄暗くなった時に、西侍でこの儀式が行われた。武州(平賀義信)・駿河守廣綱・遠江守義定・参河守範頼・江間(北条義時)殿・新田蔵人義兼・千葉介常胤・三浦の介義澄・同十郎義連・畠山次郎重忠・小山田三郎重成・八田右衛門尉知家・足立右馬允遠元・工藤庄司景光・梶原平三景時・和田太郎義盛・土肥次郎實平・岡崎四郎義實・宇佐美三郎祐茂が東を上座にして着座した。頼朝様がお出ましになり、先ず三献(酒肴を三回献じる酒宴)が行われた。江間殿(北条義時)が御酌をお取りになり、千葉小太郎成胤が続いて酒をついだ。次いで童(時連)が召しに依って参り進まれ、御前にひざまづいた。
「三浦義連加冠を勤む」
 次いで三浦十郎義連に加冠役(冠をかぶせる役)をするよう命じられ、義連はしきりに恐縮して頭を下げ、おおいに辞退の意志を示したが、重ねて「今この場では上の身分の物が多く控えているので、一旦は辞退するのはもっともなことだ。しかし先年三浦に出かけた時、故廣常と義實が争った際に、義連がこれをなだめたため無事に済んだ事があった。その心づかいにたいそう感心した。この小童(時連)は、御台所(政子)が特に憐れみ情けをかけており、将来にわたり庇護者にしたいと考えているので、計らい命じるのである」とのお言葉がありましたので、この上は辞退する理由も無かった。小山の七郎朝光・八田の太郎朝重が灯明を取り進み寄り、梶原源太左衛門尉景季・同平次兵衛尉景高が種々の道具を持参し、義連が加冠を勤めた。名前は五郎時連と名付けられたていう。今夜の加冠役は、事前に定められていなかったので、期待していた者が多かったが、その場でお定めになったので、どうしようもなかったようだ。

|

2009年2月 8日 (日)

寿永三年(1184)三月十三日「原高春を召し、本知行所を還付す」

「吾妻鏡」寿永三年(1184)三月十三日壬寅。
「原高春を召し、本知行所を還付す」
 尾張國に所領を持つ武士の原大夫高春が、お呼びに従って参りました。この人はなくなった上総權介廣常の甥です。又、薩摩守平忠度は高春の甥であります。平家の縁が近い人であるけれども、廣常の方の縁を慕って、平相國淸盛に背を向け、去る治承四年に関東へ飛んできて以来、ひたすら忠義を尽くしてきました。去年廣常が処刑されたとき、その縁で同罪扱いされることを恐怖して、田舎にひっそりと伏せるようにしていました。しかし今となれば、上総廣常は罪がないのに処刑してしまった事を、密かに後悔し、その親戚の人たちの多くは許されました。中でも、高春は元々手柄のある人なので、本来の所領を元のとおりに知行して、頼朝様に尽くすように、お言葉があったという。

|

2009年2月 7日 (土)

寿永三年(1184)二月十四日「上総の御家人の私領安堵せしむ」

「吾妻鏡」寿永三年(1184)二月十四日癸酉。
「平重衡、八条堀川堂にて推問せらる」
 晴。右衛門權佐定長は、後白河法皇の命令により、本三位中將重衡殿を取り調べるために、故中御門中納言家成殿の屋敷八条堀川の堂に行きました。土肥次郎實平が重衡の車に一緒に乗って警護して来てお会いになりました。罪人なので座敷へは入らず縁側の上で質問を受けました。言った事は箇条書きにして報告されたという。
「上総の御家人の私領安堵せしむ」
 今日、上総国の御家人たちの多くが、自分の領地と門田を含む屋敷地とを、以前のとおり知行するように、頼朝様の許可証を与えました。この人たちは、去年の上総權介廣常事件に縁者として同罪とみなされ、領地などを没収された人々です。

|

2009年2月 6日 (金)

正月十七日「広常奉納甲の書付を見て、頼朝その真心を知る」

「吾妻鏡」壽永三年(1184)正月十七日丁未。
「広常奉納甲の書付を見て、頼朝その真心を知る」
 大和判官代藤原邦道・一品坊昌寛それに神主兼重等は上総權介廣常が納めた鎧を携えて、上総一宮から鎌倉へ帰ってきました。すぐに頼朝様は御前へ呼んで、例の鎧「小桜皮おどし」をご覧になった。一通の封書が肩の紐に結び付けてありました。頼朝様は、直接この手紙を取って、お開きになりました。その内容は、頼朝様のご運をお祈りする願い事が書かれていました。謀反の心が無いことは、明らかなことが分かりましたので、罰として暗殺してしまったことが悔やまれましたが、今となっては仕方がないことなので、冥福を祈るばかりである。又、上総權介廣常の弟である天羽庄司直胤と相馬九郎常淸等は、連座により捕らえられていましたが、死んだ廣常の忠義の心に応じて、許されることになりました。願書に書かれていたことは、
    上総一宮の宝前にうやまって申し上げます。  
    次の願いを立てます
    一、 三年の間に、神様へ専用に年貢を奉納する田二十町を寄付すること。
    一 、三年の間に、先例に沿って神殿を造営すること。
    一 、三年の間に、一万回の流鏑馬を実行すること。
    以上の行事をするのは、前右兵衛佐頼朝様の心中の御祈願の成就と、関東を平和を祈ってのものです。この願いが全て満たされた時は、益々神様のご威光を信じ、大事にいたします。そこで、このように願いを立てます。
       治承六年七月日 上総權介平朝臣廣常

|

2009年2月 5日 (木)

壽永三年(1184)正月八日「広常上総一宮に奉納の甲を召覧す」

「吾妻鏡」壽永三年(1184)正月八日戊戌。
「広常上総一宮に奉納の甲を召覧す」
 上総國一宮(玉前神社)の神主達が言いました。故上総權介廣常が生前、願い事があると鎧一領を玉前神社の神殿へ奉納しましたとの事です。そこで、前右兵衛佐頼朝様の、お言葉がありました。さぞかし事情があるのだろう。使者をやって、その鎧を取り寄せて見よう。そこで今日、大和判官代藤原邦道と一品坊昌寛を行かせて、鎧二領を寄進された。その廣常が奉納された鎧は神様のものなっているので、安易に貰い下げるわけには行かないので、二領を奉納すれば、神様も祟りは無いであろうと、お言葉がありましたという。

|

2009年2月 4日 (水)

壽永三年(1184)正月一日「営中穢のため、頼朝鶴岡参詣なし」

「吾妻鏡」壽永三年(1184)正月一日辛卯。霽。
「営中穢のため、頼朝鶴岡参詣なし」
 鶴岡八幡宮でお神楽がありました。頼朝様の参拝はありませんでした。去年の冬、(梶原景時による)上総廣常暗殺事件の血で御所中が穢(けが)れているからです。大和判官代藤原邦道がお参りの代理人として、八幡宮の回廊に座りました。八幡宮僧侶筆頭の法眼圓曉がやってきて、法華經を八回唱えられたという。

|

2009年2月 3日 (火)

八月十六日「五夜の儀」

「吾妻鏡」壽永元年(1182)八月十六日庚寅。
「五夜の儀」
若公(万寿、後の頼家)の生まれて五日目を祝う儀式(五夜の儀)を上総權介廣常が取り仕切りました。

|

2009年2月 2日 (月)

壽永元年(1182)八月十二日「頼家誕生す」

「吾妻鏡」壽永元年(1182)八月十二日庚戌。
「頼家誕生す」
 晴。午後六時頃に、御台所(政子)は男の子(頼家)を出産なされました。無事な出産と子供が偉くなるように祈祷をしたのは、専光房阿闍梨良暹と大法師観修です。悪魔祓いの弓の弦を鳴らす役目(鳴弦役)は、師岳兵衛尉重經と大庭平太景義と多々良權守貞義です。上総權介廣常は枕元で鏑の矢を振って鳴らして悪魔祓いをする役(引目役)でした。午後八時頃になり、比企尼の娘で河越太郎重頼の妻呼ばれてきて、乳母になる初めて乳を吸わせる儀式(御乳付)をしました。

|

2009年2月 1日 (日)

養和二年(1182)四月五日「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」

「吾妻鏡」養和二年(1182)四月五日乙巳。
「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」
 頼朝様は、腰越辺りから江ノ島へお出かけです。足利冠者義兼・北條時政・新田冠者義重・畠山次郎重忠・下河邊庄司行平・同四郎政義・結城七郎朝光・上総權介廣常・足立右馬允遠元・土肥次郎實平・宇佐美平次實政・佐々木太郎定綱・同三郎盛綱・和田小太郎義盛・三浦十郎義連・佐野太郎基綱等がお供をした。これは、高雄の文覚上人が、頼朝様の願いを祈るために、弁財天をこの江ノ島へ勧請(かんじょう、分霊を迎えること)し、初めて供養を始めるので、特に出席されました。秘密の行法でした。これは奥州平泉の藤原秀衡を祈り殺すためだという。今日、鳥居を立てられました。その後、帰る途中の金洗い沢(七里ガ浜)で牛追物(鏑矢などで子牛を射る遊び)が行われた。下河邊庄司行平・和田小太郎義盛・小山田三郎重成・愛甲三郎季隆などが当てた矢の数が多かったので、それぞれに色染めの皮や藍染の絹を褒美に与えました。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »