« 養和二年(1182)四月五日「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」 | トップページ | 八月十六日「五夜の儀」 »

2009年2月 2日 (月)

壽永元年(1182)八月十二日「頼家誕生す」

「吾妻鏡」壽永元年(1182)八月十二日庚戌。
「頼家誕生す」
 晴。午後六時頃に、御台所(政子)は男の子(頼家)を出産なされました。無事な出産と子供が偉くなるように祈祷をしたのは、専光房阿闍梨良暹と大法師観修です。悪魔祓いの弓の弦を鳴らす役目(鳴弦役)は、師岳兵衛尉重經と大庭平太景義と多々良權守貞義です。上総權介廣常は枕元で鏑の矢を振って鳴らして悪魔祓いをする役(引目役)でした。午後八時頃になり、比企尼の娘で河越太郎重頼の妻呼ばれてきて、乳母になる初めて乳を吸わせる儀式(御乳付)をしました。

|

« 養和二年(1182)四月五日「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」 | トップページ | 八月十六日「五夜の儀」 »