« 十月二十七日「頼朝上洛すという、尾張国保野宿」 | トップページ | 養和二年(1182)四月五日「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」 »

2009年1月31日 (土)

養和二年(1182)正月二十三日「平時家頼朝に隷属す」

「吾妻鏡」養和二年(1182)正月二十三日甲午。
「平時家頼朝に隷属す」
 伯耆守(鳥取県)平時家が頼朝様に初めて参上しました。この人は平時忠様の息子です。継母のたくらみによって上総国(千葉県)へ流罪にされていました。これを上総広常は気に入って婿にしました。しかし、去年以来、頼朝様のご機嫌を損ねていたので、その穴埋めの爲に彼を推薦しました。頼朝様は京都からの客を大事にしたので、特に可愛がりましたという。

|

« 十月二十七日「頼朝上洛すという、尾張国保野宿」 | トップページ | 養和二年(1182)四月五日「文覚江島に弁財天勧請、頼朝これに臨む」 »