« 6月7日「御塔供養の事協議」 | トップページ | 6月13日 「泰衡の使者、義経の首を持参す」 »

2008年9月26日 (金)

6月8日 「院、義顕誅罰を悦ぶ」

「吾妻鏡」6月8日 丙申
「頼朝、観性と対談す」
 今日、二品(頼朝)は中納言法橋観性の旅宿(八田知家の宅)にお出かけになられた。御対面になり、雑談を楽しまれたという。
「院、義顕誅罰を悦ぶ」
 夜に入り、京都に進上した飛脚が帰参した。師中納言(経房)の返報が到来した。義顕(義経)誅罰の事、特に喜ばしいと、法皇のお言葉がありました。兼ねてまた彼が滅亡したので、国中も必ず平穏となるだろう。今に於いては弓矢を納めよと内々申すべきの旨、その指示がありましたという。

|

« 6月7日「御塔供養の事協議」 | トップページ | 6月13日 「泰衡の使者、義経の首を持参す」 »