« 5月15日「上皇御病平癒の赦を行ふ」 | トップページ | 8月8日「梶原景時・原宗行能、最勝・尊勝両寺領押領の訴により陳状を召さる」 »

2008年8月24日 (日)

7月19日「高階泰経院宣により出仕を免さる」

「吾妻鏡」7月19日 戊午
「高階泰経院宣により出仕を免さる」
 右武衛(右兵衛の督)一条能保の手紙が到来した。院宣(法皇の命令書)を副えられていた。これは前の大蔵卿(高階)泰経が、去年義顕(義経)に味方した罪により処罰された。帰京をお許しなさるべきと、申し上げたので、これを許された。そこで元々近臣であるので、今となっては近くに仕える事も許されるように、おことばを下されたのである。
 泰経卿の事は、度々二位卿(頼朝)におことばを下されました。しかし御返事の趣が不明だったので、ためらいがありました。しかし近日特に嘆願してきました。然るべき様に計らい下さるようにと、内々御意向がございました。仍ってこの通り申します。
     七月一日           左中弁(藤原光長)
   謹上 右兵衛の督(一条能保)殿

|

« 5月15日「上皇御病平癒の赦を行ふ」 | トップページ | 8月8日「梶原景時・原宗行能、最勝・尊勝両寺領押領の訴により陳状を召さる」 »