« 甲斐源氏紀行 | トップページ | 甲斐源氏紀行 »

2008年7月12日 (土)

6月7日「義経伊勢、大和にありとの風説」

「吾妻鏡」6月7日 癸丑
「義経伊勢、大和にありとの風説」
 京都朝廷の神祇官の臨時副長官の源公宣が手紙を献上して言ってきました。源九郎義經が先日伊勢国へやってきて、伊勢神宮に参拝しました。今は奈良にいると噂が流れています。ところで伊勢神宮の筆頭神主の大中臣能隆は、内通して義經のために祈祷をしたようです。

[玉葉]6月12日 戊午 雨下る 
「義経大和宇田郡辺に在りという」
 光長朝臣が言いました。義行(義経)の在所を聞き得たの由、あちこちよりその報告が有りました。北條時政の代官時貞(平六兼仗と称すと)同じくこれを聞き、密かに逮捕するため派遣しようとしたようだ。大和の国宇多郡の辺に在るようだ。

|

« 甲斐源氏紀行 | トップページ | 甲斐源氏紀行 »