« 8月3日「義経に同心の叡山僧らを捕ふ」 | トップページ | 9月16日「静母子帰洛す」 »

2008年7月29日 (火)

9月15日「梶原朝景帰参、洛中状況を報ず」

「吾妻鏡」9月15日 戊午
「梶原朝景帰参、洛中状況を報ず」
 梶原刑部の丞朝景が、去る夜京都より帰参した。これは去年勇士を選んで二十六箇国に派遣された時、朝景は土佐の国に向かい、件の国を厳命の如くこれを指図し鎮めて参上した。今日御前に召し、京都市中の事等を尋ねられた。先ず義経が行方をくらまし逃げた後、処置の次第並びに同意の者たちの事を詳しく言上した。
「群盗の張本平庄司脱獄す」
 また申して云く、去る三月のころ、集団強盗の首謀者で平庄司(丹波の国の住人)を捕らえ牢獄に拘禁した。仲間が競い来たりて、彼の獄舎を切り破り、庄司以下の犯人ことごとく脱走しました。仍って検非違使庁の長官の家通は検非違使尉等に命じて、諸方を捜し尋ねると雖も見つかりません。而るに八月十一日、朝景が平庄司を逮捕しました。同二十一日将に検非違使庁の長官(藤原家通)以下に参り、検非違使尉に請け取らせました。

|

« 8月3日「義経に同心の叡山僧らを捕ふ」 | トップページ | 9月16日「静母子帰洛す」 »