« 十月十三日「義経・行家鎌倉に反くという」 | トップページ | 十月十七日「義経行家の謀反に同意す」 »

2008年4月12日 (土)

十月十七日「昌俊、義経を六条室町亭に襲ふ」

「吾妻鏡」文治元年(1185)十月十七日丙寅。
「昌俊、義経を六条室町亭に襲ふ」
 土佐房昌俊は、先日関東の頼朝様から重大な命令を受けて、水尾谷十郎廣徳を始めとする六十数騎の軍勢を率いて、源九郎義經の六条室町の屋敷を襲撃しました。丁度義經の侍達は、西川の遊郭へ遊びに行っていて、残っている部下達は少なかったのですが、佐藤四郎兵衛尉忠信達を率いて自分の方から門を開いて攻撃をしてきました。行家はこの話を伝令から聞いて、後ろ側から来て戦に加わり、戦いました。暫くすると土佐房昌俊側は、敗色が濃くなり逃げました。源九郎義經の家来達は、走りながら手分けして追いかけました。義經は直ぐに後白河法皇のもとへ走って行き、事の次第と無事であることを告げたようです。

|

« 十月十三日「義経・行家鎌倉に反くという」 | トップページ | 十月十七日「義経行家の謀反に同意す」 »