« 十月十三日「義経参院、頼朝追討の官符を請ふ」 | トップページ | 十月十七日「昌俊、義経を六条室町亭に襲ふ」 »

2008年4月11日 (金)

十月十三日「義経・行家鎌倉に反くという」

[玉葉]十月十三日
「義経・行家鎌倉に反くという」
 早朝、季長朝臣が来て言いました。義経・行家は同心し鎌倉に反いた。日頃内々の議有り。昨今すでに露見したようだ。世間のうわさ話であると雖も浮言に非ず。義経の周辺の家来の説のようだ。相次いで諸説甚だ多し。頼朝は義経の勲功を失い、還って圧絶の気配が有る。義経の心中は怨みを結ぶの間、また鎌倉の周辺の家来や親族等、頼朝の為に生涯を失い、かねてからのうらみを結ぶの者ども、次第に増加した。彼等は内々義経・行家等の許に連絡した。しかのみならず、頼朝は法皇のお考えに背く事が大変多いようだ。仍って事の形勢を見て、義経は密かにに事の趣を申し上げた。軽く許容有り。仍って忽ちこの大事に及ぶようだ。或いは云く、藤原秀衡また味方したようだ。詳細については実説定まらずと雖も、蜂起についてはすでに露見したようだ。

|

« 十月十三日「義経参院、頼朝追討の官符を請ふ」 | トップページ | 十月十七日「昌俊、義経を六条室町亭に襲ふ」 »