« 県歌「信濃の国」 | トップページ | 5月5日「宝剣捜索を範頼に命ず」 »

2008年3月20日 (木)

五月4日「頼朝、景時の使に書を託し義経を煥発す」

「吾妻鏡」元暦2年(1185)五月4日丙戌
「頼朝、景時の使に書を託し義経を煥発す」
 梶原平三景時の伝令が九州へ戻るそうだ。そこで頼朝様はお手紙を持たせて、廷尉義經を勘当したので、今後は義経の命令に従ってはいけない。但し、平氏の捕虜達はもう京都へ入っているようなので、今一番の大事な仕事である。刑が決まるまで、景時を始めとした御家人は皆心を一つにして警護をするように。自分勝手に気ままに鎌倉へ帰って来てはならないということです。

|

« 県歌「信濃の国」 | トップページ | 5月5日「宝剣捜索を範頼に命ず」 »