« 5月5日「宝剣捜索を範頼に命ず」 | トップページ | 5月7日「義経等東国へ下向」 »

2008年3月22日 (土)

5月7日「義経起請文を頼朝に進ず」

「吾妻鏡」元暦2年(1185)5月7日己丑
「義経起請文を頼朝に進ず」
 源廷尉義經の伝令の亀井六郎が京都から到着しました。頼朝様に対し謀反の心など持っていないことを誓約書にして提出をしてきたのです。前因幡守大江広元が取次ぎをしました。しかし、參河守範頼は、九州からどんどん続けて伝令をよこし、細かいことも報告をしていますし、些細なことも勝手に判断するようなことはなく、頼朝様も快く思っておりました。廷尉義經は、殆ど自分で判断して行動しているので、今頃になって頼朝様が不機嫌なのを聞き知って、初めてこのような行動に出ましたので、許されるばかりか、かえってお怒りの種を作ってしまったようです。

|

« 5月5日「宝剣捜索を範頼に命ず」 | トップページ | 5月7日「義経等東国へ下向」 »