« 3月2日「重衡、實平の許より義經亭に移す」 | トップページ | 4月22日「源光行・伊賀光季、平家与力の罪を許さる」 »

2008年2月 5日 (火)

4月10日「頼朝、義仲を追討の賞により正四位下に叙せらる」

「吾妻鏡」寿永3年(1184)4月10日戊寅
「頼朝、義仲を追討の賞により正四位下に叙せらる」
源九郎義經様の使者が京都から到着しました。先月二十七日に朝廷で人事異動があり、頼朝様は正四位下を与えられましたと報告をしました。これは、木曾義仲を追討した手柄の賞なのです。その文書を持ってきました。この六階級特進は、藤原秀衡様が天慶三年三月九日六位から従四位下へ上ったのと同じです。頼朝様は、現在従五位下なのです。あの将門の乱平定の例に合わせたようです。又、忠文(宇治民部卿)の例に合わせて、征夷将軍を与えたほうが良いかと、議題に上りました。しかし、位を飛ばした特進のことは、あの例に合わせてもっともだ。將軍の任命については、天皇から征伐用の太刀を与え、軍監(副将軍の次)や軍曹(軍監の下)に任命された後人事異動を行うべきではないか。今度の人事異動の名簿には載せるのは、初めて任命することになるので、簡単に任命はできないと、公卿たちが議論するので、とりあえず位階を与えようとしたようです。

|

« 3月2日「重衡、實平の許より義經亭に移す」 | トップページ | 4月22日「源光行・伊賀光季、平家与力の罪を許さる」 »