« 8月8日「頼朝、日向山薬師に参る」 | トップページ | 1195年 (建久6年) 7月16日「大内義信の国務を賞す」  »

2007年6月11日 (月)

12月26日「永福寺新造薬師堂供養」

12月26日 壬午
「永福寺新造薬師堂供養」
 永福寺内の新造の薬師堂の供養、導師は前の権僧正勝賢と。将軍家(頼朝)御出で。北條の五郎時連が御劔を持ちました。愛甲の三郎が御弓矢を持ち従いました。
  供奉人(布衣)
    源蔵人大夫頼兼  「武蔵の守(大内)義信」    信濃の守(加々美)遠義   相模の守(大内)惟義
    上総の介(足利)義兼   下総の守(源)邦業    宮内大輔重頼   駿河の守(藤原)宗朝
    右馬の助(村上)経業   修理の亮義盛    前の掃部の頭(中原)親能 前の因幡の守(大江)廣元
    民部大夫(藤原)繁政   小山左衛門の尉朝政 下河邊の庄司行平 千葉の介常胤
    三浦の介義澄     同兵衛の尉義村      八田右衛門の尉知家
    足立左衛門の尉遠元  和田左衛門の尉義盛    梶原刑部の丞朝景
    佐々木左衛門の尉定綱 佐々木中務の丞経高    東大夫胤頼
    境兵衛の尉常秀    野三刑部の丞盛綱     後藤兵衛の尉基清
    右京の進(藤原)季時     江兵衛の尉(大江)能範
  最末
    梶原平三景時
  随兵八騎
    北條の小四郎(義時)      小山の七郎朝光     武田兵衛の尉有義
    加々美の次郎長清    三浦左衛門の尉義連   梶原左衛門の尉景季
    千葉の新介胤正     葛西兵衛の尉清重
  布施取り
    右兵衛の督(一条)高能朝臣   左馬権の頭公佐(三条)朝臣   上野の介憲信
    皇后宮大夫の進(伊佐)為宗   前の対馬の守(藤原)親光    豊後の守季光
    橘右馬権の助次廣    工匠蔵人        安房判官代(源)高重
  導師の布施
    錦被物三重    綾被物七十重  綾百反  長絹二百反    
    染絹三百反    白布千反
  加布施
    金作の劔一腰   香呂箱(綾紫絹等を以てこれを作る)
  この外
    馬二十匹     供米三百石
  請僧の布施(人別)
    色々の被物三十重 絹六十反  染絹三十反 白布二百反
    紺百反      馬二匹     供米百石

|

« 8月8日「頼朝、日向山薬師に参る」 | トップページ | 1195年 (建久6年) 7月16日「大内義信の国務を賞す」  »