« 1191年 (建久2年) 6月7日「幕府の南門を建つ」 | トップページ | 8月6日「御行初めの儀」 »

2007年5月29日 (火)

7月28日「頼朝新亭に入る」

7月28日 甲戌
「頼朝新亭に入る」
 寝殿・対屋(たいのや)・御厩等の造営が終了したので、今日御移転の儀がありました。午後10時頃に及び、籐九郎(安達)盛長の甘縄の家より新御亭にお入りになりました。「武蔵の守(大内義信)」・参河の守(範頼)・上総の介(足利義兼)・伊豆の守(山名義範)・越後の守(安田義賢)・大和の守(重弘)・千葉の介(常胤)・小山左衛門の尉(朝政)・三浦の介(義澄)・畠山の次郎(重忠)・八田右衛門の尉(知家)・同太郎左衛門の尉(知重)・土屋の三郎(宗遠)・梶原平三(景時)・和田左衛門の尉(義盛)等が行列にお供しました。梶原左衛門の尉(景季)は劔持ちをつとめた。橘右馬の允公長が弓矢道具を持ちまし知。河匂の七郎(政頼)が御甲(よろい)を着用した。
  随兵十六人(各々騎馬)。
   先陣
    三浦左衛門の尉義連   長江の太郎明義    小野寺の太郎道綱
    比企四郎右衛門の尉能員 千葉の四郎胤信    葛西の三郎清重
    小山の五郎宗政     梶原三郎兵衛の尉景茂
   後陣
    江間の四郎(義時)殿      修理の亮義盛     村上左衛門の尉頼時
    里見の太郎義成     工藤左衛門の尉祐経  狩野の五郎宣安
    伊澤の五郎信光     阿佐利の冠者長義

|

« 1191年 (建久2年) 6月7日「幕府の南門を建つ」 | トップページ | 8月6日「御行初めの儀」 »