« 8月6日「御行初めの儀」 | トップページ | 7月26日「勅使征夷大将軍の除書を持参す」 »

2007年5月31日 (木)

1192年 (建久3年)4月2日「政子着帯す」

1192年 (建久3年 壬子)

4月2日 癸卯
「政子着帯す」
 午後4時頃、御台所(政子)御着帯。御加持(かじ)は安楽房阿闍梨、御験者(げんじゃ)は題学房(行慈)である。「武蔵の守(平賀)義信」の妻が御帯を持参した。幕下(頼朝)これを結びなさいました。今日以後、毎月御産平安の御祈祷を専念すべきの由、鶴岡神社に奉仕する僧に命じました。
(解説)
着帯(ちゃくたい)・・・妊娠5ケ月目に腹帯(岩田帯)を締めること。
加持(かじ)・・・仏の加護を祈ること。
験者(げんじゃ)・・・加持祈祷を行う修験道行者。

|

« 8月6日「御行初めの儀」 | トップページ | 7月26日「勅使征夷大将軍の除書を持参す」 »