« 6月13日 「吾妻鏡」「皆河権六太郎厚免せらる」 | トップページ | 7月20日 「吾妻鏡」「頼朝、征夷大将軍に任ぜらる」 »

2007年4月16日 (月)

6月20日 「吾妻鏡」「美濃御家人に命じ大内惟義指揮下に群盗を鎮めしむ」

6月20日 「吾妻鏡」庚申
「美濃御家人に命じ大内惟義指揮下に群盗を鎮めしむ」
 美濃の国の御家人等、守護の相模の守(大内)惟義の命に従うべきの由の命令を下されたようです。これは京中の群盗等を鎮圧させる為である。
   前の右大将家の政所が下す 美濃の国の家人等
     早く相模の守惟義が催促に従うべき事
 右当国内の庄の地頭中、家人の恩儀を存ずる者どもに於いては、惟義の催促に従い勤節を致すべきである。なかんずく近日京中の凶暴な賊の犯罪その聞こえ有り。彼の党類を禁圧せんが為、各々上京を企て大番役に勤仕すべし。而るにその中に家人たるべからずの由存ずる者は、早く詳細を申すべし。但し公領に於いては催促に加わるべからず。兼ねて又(山田)重隆・佐渡の前司の郎従等を催促し招集し、その役を勤めさせるべし。隠居の者どもに於いては、連名文書を報告すべきの状、仰せの所件の如し。
     建久三年六月二十日      案主籐井(俊長)
    令民部少丞藤原(行政)         知家事中原(光家)
    別当前の因幡の守中原(広元)
     前の下総の守源朝臣(邦業)
     散位中原朝臣(能保)
(注釈)
右大将家・・・頼朝は上京したとき、右大将に任命されたが、12月に辞退した。
政所(まんどころ)・・・政治を取り扱う所
大番(おおばん)役・・・諸国の武士が交替で京都に詰め、禁中警護に当たる勤務
公領(こうりょう)・・・朝廷・国衙(こくが)の統制下にある土地
国衙(こくが)・・・国司の統治下にある土地。国領。

|

« 6月13日 「吾妻鏡」「皆河権六太郎厚免せらる」 | トップページ | 7月20日 「吾妻鏡」「頼朝、征夷大将軍に任ぜらる」 »