« 8月27日 「吾妻鏡」「頼朝、使行平に付し京に言上する条々」 | トップページ | 10月3日 「吾妻鏡」「群盗の事」 »

2007年3月 8日 (木)

9月19日  [玉葉]「群盗の事」

8月30日 「吾妻鏡」丁酉
「常胤おくれて上洛す。」
 千葉の介常胤が使節として上京した。これは京中の狼藉の事が関東の御家人等の仕業であるかの由疑いの恐れ有るの旨、風聞するの間、尋問し指図する為である。御使として行平は先に以て進発させました。同道すべきの処、常胤は病気の間、延びて今日に及びました。

9月19日 丁巳 天晴 [玉葉]
「群盗の事」
 晩に及び、権右中弁定長が法皇の御使として来た。私はこれに会見した。頼朝卿が申し上げる所の群盗の間の事、計り指図すべきようである。この事は法皇より命令を遣わされるの御返事である。

|

« 8月27日 「吾妻鏡」「頼朝、使行平に付し京に言上する条々」 | トップページ | 10月3日 「吾妻鏡」「群盗の事」 »