« 11月23日「藤原実定の内大臣を借用という」 | トップページ | 11月28日「基通の所領八十余所を義仲に賜わらんとす」 »

2006年10月25日 (水)

11月26日「信円興福寺寺務を辞さんとす」

11月26日 天気晴れ、
今日文書の指図有り(師景文書なり)。大将(良通)・中将(良経)等、同じく会合した。夜に入り家に帰る。
「信円興福寺寺務を辞さんとす」
早朝、奈良僧正(信円)が書を送り云う、松殿(藤原基房)の辺の事、最も勝事(しょうじ)である。凡そ世上の事夢の如し。寺務及び僧正等を辞し申そうと欲するが如何。計らひ示すべしと。条々について委細返事を示した。
(注釈)
勝事(しょうじ)・・・人の耳目をひくような尋常でない事柄。すばらしいこと。奇怪な事件。

11月27日
伝聞、平氏は室の泊に付けたようだ。実否を知らず。
「源宗雅来る」
今日(源)宗雅朝臣が語る。前摂政(基通)の辺りの事、義仲が大略所領等の事、相違有るべからざる由を申したようだ。然れども、又万事は松殿(藤原基房)が押して指図したようだ。今日仏厳聖人が来た。伝聞、借り(任)大臣の事、天下の騒ぎ立てることである。禅門(藤原基房)頗る恥じ色有るようだ。

|

« 11月23日「藤原実定の内大臣を借用という」 | トップページ | 11月28日「基通の所領八十余所を義仲に賜わらんとす」 »