« 8月28日「武士十余人の頸を切る」 | トップページ | 「愚管抄」 »

2006年9月 8日 (金)

8月30日 「法皇公卿勅使御精進屋に入らる」

8月29日 天晴れ。午後雨下る。
大外記頼業が来た。世上の事を談じた。嘆息の外他事無し。実に悲しむべき世である。

8月30日 天晴れ
晩に及び大夫吏隆職が来た。世間の事を談じた。今夜は家の所苑である。常の如し。
「法皇公卿勅使御精進屋に入らる」
今夜より法皇は公卿勅使を御精進屋(しょうじんや)に入らしめた。明後日に発遣、明日は前斎の故である。
(注釈)
精進屋(しょうじんや)・・・宮座(みやざ)の祭祀で、頭屋(とうや)が精進潔斎(けっさい)のためこもる所。
精進潔斎・・・肉食を絶つなどして身をきよめること。

|

« 8月28日「武士十余人の頸を切る」 | トップページ | 「愚管抄」 »