« 10月23日「俊尭僧正の諌言により法皇二国を義仲に賜うという」 | トップページ | 10月28日「義仲頼朝と雌雄を決すという」 »

2006年9月28日 (木)

10月24日・・・10月27日

10月24日 天気陰、
伝聞、頼朝は先日の法皇の使い(泰貞)に付き申さしむる事等、各許容無し。天下は法皇の乱させたるこそとして、縁をよじりたちまちその路を塞ぎ、美濃以東を横領しようと欲するようだ。但しこの条は実説は不明である。

10月25日 雨下

10月26日 
「蔵人親経御即位の事を兼実に問う」(略)
「紫宸殿王相方に当たる」(略)
「一条院の例憚るべきか」(略)
「伐日の忌は新造家にかかる」(略)
「当日臨幸に難なし」(略)
「藤原親経を家司に補す」(略)

10月27日 天気晴れ、
伝聞、来月法皇は春日社に行幸すべし。宇治に於いて、摂政(藤原基通)が御配膳以下の雑事を設けらるべしのようだ。又聞く、此の一両日、今一層天下は物騒である。何事か不明のようだ。

|

« 10月23日「俊尭僧正の諌言により法皇二国を義仲に賜うという」 | トップページ | 10月28日「義仲頼朝と雌雄を決すという」 »