« 7月2日「義仲・行家四方より寄せんとす」 | トップページ | 7月7日「節供」 »

2006年8月 5日 (土)

7月3日「賊徒入京の時期につき諸説あり」

7月3日 晴れ、
昨今物忌なり。
「八条院仁和寺に渡御」
今朝、八条院(鳥羽天皇皇女、法皇の妹)は仁和寺の御所においでになりました。
「賊徒入京の時期につき諸説あり」
或は云う、秋節以前に反乱軍は入京すべし。或は云う、関東の勢を待ち、九十月の日に入京すべしと。世間のかってきままの説、かれこれ知り難し、今日、デマに依り武士が騒動した。

7月4日 天晴れ、
「小除目」
去る夜、小除目(人事異動)有りと。内蔵頭(くらのかみ、内蔵寮の長官)平信基、左京(京職、きょうしき)権大夫(長官)藤光綱、従三位平資盛(重盛の次男、元蔵人頭)、蔵人頭藤兼光(左中弁)。
「僧事」
又僧の事有りと、権律師公胤(巳講)。

7月5日 晴れ、
「皇嘉門院月忌み」
病に依り女院(皇嘉門院、兼実の姉)の御月忌みに参らず。(参議大納言、藤原)定能卿が来て語り云う、推問使を遣わし和親すべしの儀有るようだ。然るに未だ一定しないようだ。

|

« 7月2日「義仲・行家四方より寄せんとす」 | トップページ | 7月7日「節供」 »