« 10月9日 「吾妻鏡」「城の四郎永用と木曽の冠者義仲と合戦」 | トップページ | 4月3日「二位中将兼房兼実に遺恨あり」 »

2006年7月17日 (月)

1183年 (壽永二年 癸卯)

4月1日
「平座」
平座(天皇が出御しない床に着座の略儀)があり、儀式を指揮する公卿は権中納言(藤原)家通のようである。
恒例により春日神社の国司が神にさしあげる儀式は、昼12時頃より神道の法式により行う祭りで例の如し。

4月2日
兼実の長男の大将の九条良通の屋敷に行き向かう。その間に大夫史の小槻隆職宿祢が来たようだ。来る5日に大臣の任命式は一定のようである、饗宴と会食を設けるべきでないので、兼ねて宣旨も有るべきではないようだ。
「平野祭」
この日は北区にある平野神社の祭りである。権中納言の藤原家通が宣命を奏した。木工頭の平棟範を派遣したようだ。

|

« 10月9日 「吾妻鏡」「城の四郎永用と木曽の冠者義仲と合戦」 | トップページ | 4月3日「二位中将兼房兼実に遺恨あり」 »