« 5月1日「官軍越前に攻め入る」 | トップページ | 5月17日「八幡奉弊使を立てらる」 »

2006年7月27日 (木)

5月12日「官軍加賀に攻め入る」

5月12日
「官軍加賀に攻め入る」
伝聞、去る3日、官軍が加賀国(石川県南部)に進攻して合戦し、両方とも死傷者が多数のようだ。

5月15日
「佐保山陵使を立てらる」
今日佐保(さお)山陵(みささぎ、天皇・皇后の墓所)使を立てられた。東大寺の大仏が焼損し、並びに近日修補の事を謝し申されたようだ。指揮する公卿は大納言宗家卿、参議親宗卿、使座に参着し、先ず時日を定められた(今日すでに2点)大内記光輔が宣命使を進らせた。参議親宗朝臣、前和泉(大阪府南部)守季長朝臣(四位)等が参向したようだ。蔵人(くらんど、蔵人所(宮中の雑事)の職員)二人が叙爵(じょしゃく、始めて従五位下に叙せられる)したようだ。
「院供花」
法皇の供花例の如しと。

5月16日
「官軍越中にて源義仲等と戦い大敗す」
去る11日官軍の先鋒が、勝ちに乗じて越中国(富山県)に進攻した。木曽冠者義仲・十郎蔵人行家及び他の源氏等が迎え合戦した。官軍は敗績し、過半数は死亡したようだ。
「月食」
今夜は月蝕(皆既)である。内裏(だいり、天皇の住居)に於いて御読経を行はれた。指揮する公卿は実家卿のようだ。

|

« 5月1日「官軍越前に攻め入る」 | トップページ | 5月17日「八幡奉弊使を立てらる」 »