« 閏2月4日「清盛没すと伝聞す」 | トップページ | 閏2月7日「天下飢饉により関東逆乱の祈り合期せず »

2006年6月 1日 (木)

閏2月6日「清盛没後は宗盛万事院宣に従うべき旨を奏す」

閏2月6日 天晴 
「関東乱逆の事を詮議せらる」
「清盛没後は宗盛万事院宣に従うべき旨を奏す」
前大将の宗盛卿が法皇に申し上げて言うには、・・・今に於いては万事ひとえに院宣の趣を以て存知行います。
「関東の事」
先ず関東の事、兵粮すでに尽き、征伐に力無し、
「反逆を宥行せられるべきか、なお追討せられるべきか」
故入道(清盛)沙汰の如くば、西海・北陸道等の運上物を併せて点定(点検し、定める、徴収)し、かの兵粮米に宛てるべしと。此の条又どの様に致すべきか。もし宥(ゆるす、なだめる)行されるべしの儀有れば、計らひ仰せ下さるべきか、又猶追討されるべしならば、其の旨を存ずべし。
「宥行の儀は朝家の恥なり」
「宗盛権を君に返し暫く隠遁の由を表さざれば宥行の条首尾相応せず」

|

« 閏2月4日「清盛没すと伝聞す」 | トップページ | 閏2月7日「天下飢饉により関東逆乱の祈り合期せず »