« 8月6日「関東の賊徒、猶未だ追討に及ばず」 | トップページ | 8月15日「除目有り、陸奥の守藤原秀衡、越後の守平助職」 »

2006年6月25日 (日)

8月8日「能登国反く」

8月8日 天晴 
「能登国反く」
伝聞、能登の国(石川県北部)、法に反くの如しである。国司の従者が首を切られた。

8月12日 天晴 
「足利の俊綱頼朝に背く」
伝聞、足利の俊綱が頼朝に背くの聞こえ有り。また秀平が官軍に味方する心有りと。これに因って、京中の武士、昨今の間、いささか雄々しさを称すの気力が有るようだ。頼朝が秀平の婿たるの説は誤りのようだ。また聞く。頼朝は甲斐の保田三郎義貞を征伐した。謀反の心の聞こえ有るが故のようだ。

8月13日 「吾妻鏡」
 藤原秀衡、武衛(頼朝)を追討せしむべきである。平資永、木曽義仲を追討すべきの由宣下あり。これは平氏の申し行うに依ってである。

|

« 8月6日「関東の賊徒、猶未だ追討に及ばず」 | トップページ | 8月15日「除目有り、陸奥の守藤原秀衡、越後の守平助職」 »