« 8月8日「能登国反く」 | トップページ | 8月16日 [吉記]「通盛北陸道追討使」 »

2006年6月26日 (月)

8月15日「除目有り、陸奥の守藤原秀衡、越後の守平助職」

8月15日 朝雨、午後晴れ、
「除目有り、陸奥の守藤原秀衡、越後の守平助職」
去る夜、除目(人事異動)有り。隆職がこれを注進した。
    陸奥の守藤原秀衡
    越前の守平親房
    越後の守平助職
この事は先日評議した決定の事である。天下の恥とは、何事もこれに及ばない。悲しむべし悲しむべし。大略、大将(宗盛)等、計略を尽きたようだ。この中で、親房の事は納得出来ない。通盛が国司として下向した。忽ち他の人を任ぜられた。如何々々。尋ねるべし、

8月15日 [吉記]
 朝間、前の大将より示し送らるる事有り。秀衡・助職等の事である。相次いで院宣(法皇の命令書)が到来した。
詳細は同前。
   太政官謹奏、
    陸奥国   守従五位下藤原朝臣秀衡
    越前国      守従五位下平朝臣親房
    越後国   守従五位下平朝臣助職
       養和元年八月十五日
親房は、基親の息子で、前の近江(滋賀県)の守である。秀衡・助職の事は人以て歎いた。
今朝、北陸道追討使の但馬(兵庫県北部)の守(平)経正(つねまさ)朝臣が出発した。家来を五百騎ばかりを引率したようだ。

8月15日 「吾妻鏡」
 鶴岡若宮遷宮。武衛(頼朝)が参り給うようだ。今日平氏但馬の守経正朝臣、木曽の冠者を追討する為、北陸道に出発したようだ。

|

« 8月8日「能登国反く」 | トップページ | 8月16日 [吉記]「通盛北陸道追討使」 »