« 12月23日 「維盛朝臣副将軍として、近江の国に下向」 | トップページ | 12月28日「重衡狛川原辺の在家を焼払う」 »

2006年5月14日 (日)

12月25日「平重盛南都追討のため発向す」

12月25日 晴れ
「平重盛南都追討のため発向す」
今日、蔵人の頭で平重衡朝臣が、大将軍として南都(奈良)の悪徒を追討する為出発した。来る二十八日攻め戦すべし。今一両日宇治方面に巡り歩きすべしようだ。伝聞、美濃・尾張の武士等、早く征伐せらるべきの由、官軍にまわしぶみを送る。而るにその勢は敵対出来ない。故に勇士を副え下さることを請願した。仍って追って維盛朝臣(一昨日下向)を遣わしたようだ。又聞く、熊野別当以下すこぶる反禅門(平清盛)の聞こえが有るようだ。(後聞によると無実である)

12月27日 天晴
伝聞、河内地方より、官兵を攻め寄せるの間、大衆(僧兵)の為射危ぶめられ、三十余人が射取られた。その後追い帰されたようだ。宇治地方面への官軍が、今日出発した。明日合戦するようだ。奈良の軍勢は六万騎ばかりのようだ。但し一定の説を知らず。

|

« 12月23日 「維盛朝臣副将軍として、近江の国に下向」 | トップページ | 12月28日「重衡狛川原辺の在家を焼払う」 »