« 11月24日「還都必定すという」 | トップページ | 11月30日「近江武士船を点取るため西岸に着す」 »

2006年5月 4日 (木)

11月28日「若狭国有勢の在庁近州に与力す」

11月28日 天晴
「若狭国有勢の在庁近州に与力す」
伝聞、来月の二日に追討使を江州(ごうしゅう、近江、滋賀県)に遣わすべしと。また若狭の国(福井県の西部)(経盛卿が役人としての職務を担当する)の有勢の国司の庁の下役人は、近州(近江)に味方したようだ。

11月29日 天晴
「近江武士三井寺に打ち入る」
夜に入り人伝えによると、近江の国(滋賀県)の武士数千騎が、今日16時頃より三井寺(圓城寺)に打ち入るようだ。この事に依って、六波羅・八條等辺の武士が騒動し、京中は物騒極まり無いようだ。

11月29日 [吉記]
「近江の国の賊徒すでに勢多を越えたり」
日暮れに臨み風聞に云く、近江の国の反乱軍はすでに勢多を越えたらしい。或いは三井寺に籠もるとも。京中は騒動すと雖も、官軍は未だ発向しない。不思議なことだ。悲しいことだ。入道相国(平清盛)が今日入京するようだ。

|

« 11月24日「還都必定すという」 | トップページ | 11月30日「近江武士船を点取るため西岸に着す」 »