« 1181年 (治承5年)1月1日「南京諸寺焼失」 | トップページ | 1月14日「高倉上皇崩御」 »

2006年5月17日 (水)

1月11日「熊野辺武勇の者伊勢官兵を射取る」

1月11日 雪降り
「熊野辺武勇の者伊勢官兵を射取る」
伝聞、熊野の辺では、武勇の者等が、五十艘ばかりで、伊勢の国に打ち入り、官兵三百余人を射取った。猶国内に居住した。(別島有り、かの島に住むと)この事、去る四日の事のようだ。仍って明日、宣旨を伊勢の国に下し、国内の軍勢を起こし、彼の悪徒を追い払うべきの由のようだ。
「筑紫謀叛の者いよいよ悪逆を事とす」
また筑紫の反乱の者、いよいよ悪逆を大事とする。仍って九国の味方、伐ち奉るべきの由、同じく宣旨を下された。
「官兵御油運上の比良野庄民を殺害す」
また延暦寺の衆徒(僧兵)が蜂起した。比良野庄より御油を運上する間、近江の国の官兵は、散々に打ち散らし、庄民を殺害した。
「延暦の衆徒南都塩滅される事等により蜂起するも熾盛に及ばず。」
此の上南都(奈良)を煙滅された、即ち是仏法を破滅する条、全く他の寺の事に非ず。円頓の遺教、滅尽遠からざる由、殊に以て欝を結び、件の両条の由緒により蜂起したと雖も、今のところあまり盛んには至らないようだ。

1月12日 晴れ
「菊池隆直の余勢数万に及ぶ」
伝聞、筑紫の謀反の者(菊池)隆直の余勢は数万に及ぶ、よって九国の仁(ひと)に伐つべしの由の宣旨を下された。其の状に多いに傾く者ども有るようだ。尋ね聞くべし。

|

« 1181年 (治承5年)1月1日「南京諸寺焼失」 | トップページ | 1月14日「高倉上皇崩御」 »