« 2月9日「源義基頸及び弟二人を渡す」 | トップページ | 2月15日「鎮西謀叛の輩太宰府を焼く」 »

2006年5月26日 (金)

2月11日「肥後国菊池隆直伐つべき宣旨下さる」

2月11日 天晴
「肥後国菊池隆直伐つべき宣旨下さる」
左少弁の行隆が、鎮西(九州)・伊勢(三重県)等の事を語る。肥後の国(熊本県)菊池郡の住人(武士)の、高直が、謀叛との聞こえ有り。仍って九国の味方に、伐ち奉るべきの由、宣旨を下された。
「熊野の悪徒等、伊勢の国に越え来伊装宮の近辺焼失す」
また熊野の悪徒等が、伊勢の国に越えて来た。伊装宮の近辺を焼失した。すでに内外宮に及ぼうとする時、和泉の守信兼が来たり逢ひ、まれなことであるが伐ち散らした。少々伐ち取ったが、その外は脱する者どもの多くは海に入り逃げたようだ。この外、関東の事に於いては、委しく聞けなかった。
「官軍尾張の国を攻めるため伊勢国船を墨俣渡に廻す」
この間、伊勢の国の船を廻し、須万多(墨俣)の渡に着くべし。その後、官軍は尾張の国に攻め寄せるべきの由、聞く所のようだ。

|

« 2月9日「源義基頸及び弟二人を渡す」 | トップページ | 2月15日「鎮西謀叛の輩太宰府を焼く」 »