« 9月11日「頼朝追討の宣旨」 | トップページ | 9月23日「東国追討使入京す」 »

2006年4月16日 (日)

9月13日「平貞俊東国追討使の中に入る」

9月13日 朝間小雨、午後晴れ、
「平貞俊東国追討使の中に入る」
筑前の守の平貞俊が来て話した。東国の追討使の中に含め入り、来二十二日出発するべきようだ。信濃の国はすでに味方したようだ。夜に入り、伯耆の守の藤原基輔が福原から帰り、人々の様子等を知らせた。

9月19日 雨降り、
「筑紫に反逆の者あり」
伝聞、九州でまた反乱の者が有る。平清盛はひそかに追討使を遣わしたようだ。また熊野の反乱は、日を追って増大した。然れども、未だその政務の処理に及ばないようだ。

9月20日 雨下、
「良通平惟盛に馬を送る」
右大将である長男の良通が、馬を福原にいる少将の平惟盛朝臣のもとへ送った(使は内舎人弐房)。関東へ下向する追討使の為である。今日大風。

9月22日 晴れ
「東国勢数万に及ぶ」
伝聞、東国の反乱は日を追ってその勢力は数万に及び、現在七八ヶ国を横領したようだ。
9月22日 「山槐記」天晴れ
今日、東国の追討使の少将平惟盛朝臣が命令書を頂いて福原を出発した。

|

« 9月11日「頼朝追討の宣旨」 | トップページ | 9月23日「東国追討使入京す」 »