« 2.12 日記等の作者の証言 | トップページ | 「木曽義仲朝日将軍の洛日」目次 »

2006年3月23日 (木)

2.13 判決

2.13 判決

裁判長 「判決を言い渡す。

    主文、義仲及び義仲軍無罪。

    判決理由、
    平家物語の木曽軍の乱暴狼藉の記述は事実ではなく捏造である。
    九条兼実の玉葉の木曽軍の乱暴狼藉の記述は正体不明の或人の風聞が多く信用出来ない。
    慈円の愚管抄は木曽軍の乱暴狼藉を記述せず、木曽軍以外の乱暴狼藉を記述しており信用出来る。
    市民からすると乱暴と思われる追捕(略奪)も当時は官軍としての食糧調達のための合法的軍事活動の一部の行為であり、平家軍、鎌倉軍も同様に追捕をしていた。

    以上。」

|

« 2.12 日記等の作者の証言 | トップページ | 「木曽義仲朝日将軍の洛日」目次 »